国際交流
中米経済貿易交渉第1段階合意、国際社会が歓迎
        
2020-01-22 14:37 | チャイナネット

 中国と米国は先ほど、経済貿易交渉第1段階合意に正式に署名した。両国の経済貿易交渉の段階的な成果は、国際社会から高く評価された。海外の各界の関係者は、合意は積極的なシグナルを発し、国際市場に安定性を注ぎ、世界経済の回復を促すと判断した。海外駐在の新華社記者が伝えた。

 

 

 国連経済社会問題担当事務次長の劉振民氏によると、合意の署名は全世界に良好なシグナルを発した。

 

 

 国連チーフエコノミストのエリオット・ハリス氏は、合意の署名は投資の不確実性を引き下げ、経済回復を促進する貿易活動を加速させると述べた。またこの流れが、過去数年の世界経済の低迷を払拭するに足る力強いものであることを願うと述べた。

 

 

 豪シドニー大学商学部教授は、この合意は世界貿易及び市場に確実性を注ぎ込み、中米双方も利益を手にすると述べた。

 

 

 マレーシア下院副議長の倪可敏氏は、中米は「和すれば共に利し、争えば共に傷つく」であり、双方の協力、互恵・ウィンウィンは世界に利益をもたらすと述べた。

 

 

 シンガポール工商連合会会長の張松声氏は、先ほど記者のインタビューに応じた際に「第1段階合意の署名は朗報だ。世界市場を活気づける今年の幸先の良いスタートになる」と述べた。

 

 

 独デュースブルク・エッセン大学東アジア研究院教授の李遠氏は、「合意の署名は市場の見通しを安定させ、世界経済成長に新たなプラスのエネルギーをもたらした。中米双方はより合理的に国際市場で生産を配置し、世界バリューチェーンを最適かつバランスの取れた状態に戻す。中国消費市場の規模、工業の基礎には他にはない優位性がある。テスラ、ウォルマートなどの米国企業の中国における成功も、中米の協力が双方に利益をもたらすことを証明している」と述べた。

 

 

 米テキサス州議会議員の呉元之氏は、「中米の協力関係は世界で最も重要な協力関係の一つだ。第1段階の合意の署名は積極的な一歩で、これまでの経済貿易摩擦の緊張を弱めた。中米の協力とウィンウィンは中国経済と米国経済にとって有利だ」と述べた。

 

 

 全米大豆協会会長のビル・ゴードン氏は「この情報は紛れもなく積極的かつ前向きなシグナルで、米国の大豆農家の懸念を一時的に弱めた。中国市場の重要性については、いくら強調しても強調しすぎということはない」と述べた。

 

 

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年12月21日

0
 
六合在线 六合在线 盛通彩票官网 六合在线 亚洲彩票平台 优优彩票网 六合在线 乐盈彩票平台 盛通彩票 乐盈彩票平台