ニュース
新型コロナウイルス、一般人の予防方法は?
        
2020-01-22 15:02 | チャイナネット

 

  国務院新聞弁公室は22日午前10時、新型コロナウイルス肺炎の予防・抑制活動の関連状況に関する記者会見を開いた。

  一般人がいかに今回の肺炎を予防すべきかについて、国家衛生健康委員会医政医管局の責任者である焦雅輝氏は、次のように指摘した。

  人が集まる場所を極力避け、室内の定期的な換気の習慣を維持する。発熱もしくはせきの症状が出た場合には必ずマスクをつける。またこまめに手を洗い、くしゃみをした後に目をこすったり、粘膜のある部位に触れるべきではない。

  せきや発熱などで不快感が出た場合、病院に行かず自分で薬を服用すべきではない。現段階でこのような症状が出た場合は、直ちに病院に行き医師から正確な診療・支援を受けるべきだ。2級以上の病院、すなわち区・県・市・省の病院には発熱の外来診察がある。

  この季節はまた、その他の呼吸器系疾患が多発するシーズンであり、その他の呼吸器系疾患が明確に排除され感染の疑いが強い場合は、隔離と観察を実施する。我々は実験室検査の手段により確かな診断を行う。疑わしい患者、もしくは感染が確認された患者は指定病院の集中治療を受ける。各地はすでに指定病院及び予備病院を決めており、各地も詳細なプランを策定済みだ。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年1月22日

0
 
优优彩票官网 乐盈彩票官网 亚洲彩票网 六合在线 亚洲彩票注册 六合在线 盛通彩票网 亚洲彩票 盛通彩票 盛通彩票官网