経済
2019年の対中直接投資、5.8%増と過去最高を再び更新
        
2020-01-22 17:33 | チャイナネット

 

  中国国務院報道弁公室が21日開いた記者会見で、商務部が2019年の外資導入状況について発表した。それによると、世界的に直接投資が縮小するなか、この流れに逆らう形で対中直接投資(FDI)は過去最高を再び更新した。開発途上国最大で、かつ米国に次ぐ世界2位の投資受け入れ国の地位を維持したとしている。

  

  外資系企業の新設数は4万社を上回った。海外からの対中直接投資は実行ベースで前年比5.8%増の9415億元。うち、投資額が1億ドルを超える外資プロジェクトは15.8%増の834件、ハイテク産業分野での外資導入額は25.6%増の2660億元に上った。

  

  自由貿易試験区での外資導入が増加し、18カ所ある同試験区に新設された外資系企業は6242社、外資導入額は1436億元に上った。シンガポールとオランダ、韓国からの対中投資が伸びており、それぞれ51.1%、43.1%、21.7%の増加となった。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年12月22日

0
 
盛通彩票app 亚洲彩票app 优优彩票网 盛通彩票app 优优彩票官网 优优彩票注册 诚立荣鼎信誉天下 盛通彩票app 亚洲彩票 乐盈彩票网