経済
2020年の中国電力消費量は4-5%増加の見通し=中電聯予測
        
2020-01-22 13:49 | チャイナネット

 

  中国電力企業聯合会は21日に発表したリポートで、中国の電力消費は2020年も安定的に増加する傾向が続き、中国全体の電力消費量は4-5%増加するとの見通しを示した。全国の電力需給は全体としてバランスがとれているが、華北・華中地区はピーク時の電力供給がひっ迫する見通しだという。

  2019年の中国全体の電力消費量は前年比で4。5%増加した。「第三次産業と住民生活用電力の増加率はそれぞれ9。5%と5。7%の伸びとなり、けん引効果は明らかだ」という。中電聯専務副理事長の于崇徳氏は、「ハイペースな伸びが続く第三次産業の電力消費量のうち、通信・ソフトウエア・ITサービス業の電力消費量の伸びが16。2%、リース・ビジネスサービス業・不動産業・卸小売業の伸びは平均10%以上に上る」と語る。

  リポートによると、2019年の全国主要電力会社の投資実行額は7995億元と、前年より2%減少した。2019年末の中国全体の発電設備の発電容量は20億1千万kw。2020年末には21億3千万kwに上る見込みで、なかでも非化石エネルギーの発電設備の割合が引き続き拡大する見通しだ。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年12月22日

0
 
乐盈彩票平台 亚洲彩票 乐盈彩票官网 亚洲彩票app 盛通彩票注册 亚洲彩票 六合在线 乐盈彩票网 乐盈彩票网 盛通彩票网